天国への招待状

天国へ行きたいと思いますか?

天国は死んでから行く場所ではありません。

それは今すぐ、その場で行く場所です。

 

それは物理的な場所ではありません。

何丁目何番地という場所ではありません。

物理的な空間ではありません。

意識の中で行く場所です。

だからどこにいても、何をしていても行けます。

 

その招待状をあなたは持っています。

あなただけでなく、世界中の全員が持っています。

あとはただ行くだけです。

ただその場所に行くだけです。

招待状はすでに持っているので、あとはただ行くだけです。

どうやって?

その方法を、今から書きます。

 

 

それは物理的な空間ではないので、外のどこにもありません。

それはあなたの内にあります。

ですから、あなたの内に向かいます。

内に向かうとはどういうことでしょうか。

それを知るために、まずは「外に向かう」とはどういうことかを知りましょう。

 

外に向かうとは、外の事に気を取られるということです。

隣の人の咳が気になる、向かいの席のイケメンが気になる、テレビで見たニュースの内容を深く考えてしまう、SNSのタイムラインをひたすら追いかけてしまう、子供の将来が心配だ、自分の将来が心配だ、明日のプレゼンが気がかりだ、そういうことです。

自分の顔や性格が気になるという場合もそうです。

顔や性格は、その人の「外側」のものです。

その人そのものではなく、その人にまとわりついている何かです。

 

そう言われてみると、我々は大半の時間を外の事に気を取られている事に気がつきます。

というか、普通の人々にとって、外の事は「全て」です。

それ以外に一体何があるの? と、逆に訝しく思います。

大半の人にとって、外の事は全てです。

 

では内に向かうとは、どういうことでしょうか。

外に向かわない」ということですね。

外の何にも、気を取られない。

 

外の何にも気が向わないとしたら、一体向かう先はどこでしょうか。

「内」ですね。内しかありません。

「外」以外のどこかとは、「内」しかありません。

内とはつまり、外ではない唯一の場所ということです。

その外じゃない、唯一向かえる場所に向かいます。

 

向かっている先が外じゃなければ、それはすなわち内です。

外じゃない唯一向かえる先に向かってみてください。

それは外ではないかどうかをチェックしてみてください。

外であるなら、そこじゃない場所へ。

外であるかそうでないか。

そこに着目してみてください。

 

「内ってなんだろう」と考えることは、その考えに気を取られるということです。

そして考えは全て、外側のことです。

考えるということはつまり、外側のことに気を取られるということです。

 

考えるのではなく、そこへ向かうのです。

そこへ向かうとは、それについて考えることとは違います。

ただ単に、そこへ行くのです。

パーティ会場に向かうのです。

 

パーティ会場に向かうことは、「パーティ会場に向かうことを考える」とは違います。

それについて考えるのではなく、実際そこへ行くのです。

 

唯一行ける場所。

外ではない、唯一行ける場所。

そこは自分の中心です。

外ではない唯一の向かえる場所は、そこしかありません。

はい、そこが天国です。

 

 

ピンときませんか?

何か南国のようなパラダイスを想像していましたか?

何か温泉に浸かるような心地よさ、何か光に包まれるような恍惚。

そういうものを想像していましたか?

 

そこは想像の範囲外の場所です。

想像とはすなわち、頭で考えた場所です。

天国がそんな人が頭で考えたような場所であるはずがありません。

それは普通に考えてもおかしいですね。

 

さて、自分の中心。

そこはどんな場所でしょうか。

 

何もありませんね。何もありません。

今までと変わらない日常がそこにあります。

まばゆい光も、恍惚の陶酔も、何もありません。

 

今までと変わらない日常がそこにあります。

では何が変わったのか。

それを見る視点です。

立っている場所です。

それを見る視点が180°変わりました。

同じものを180°真裏から見るのです。

 

全くつまらないと思っていた同じものが、180°真裏から見ると、輝いて見えます。

夜の裏は昼です。

新たなものがそこに出現するのではありません。

全く同じもの、まるっきり同じものが、見え方が180°変わる事によって、素晴らしくなるのです。

そこに天国が出現するのです。

今までとまるっきり同じものが、天国に早変わりするのです。

 

逆に今まで価値を置いていたものは、180°真裏からみると、しょーもなく見えたりします。

今まで美徳とされてきたことが、実にくだらなく思えたりします。

 

意識の転換です。

 

天国とは、ポジションです。

それを見るポジションです。

そこから見るとそう見えるというポジション。

それが天国です。

 

 

あなたがイヤな気分を味わったり、いい気分を味わったりするのは、全て外側の出来事に於いてですね。

あの人がこうだったから私は悲しいとか、この状況がそうなったから私は嬉しいとか。

あなたの不幸や栄光は、全て外側と結びついています。

その外側を全部捨てるのです。

外側に気を取られるのをやめる、内に向かうとは、そういうことです。

 

外側は良かったり良くなかったりいろいろですが、内側は必ず良いのです。

内側は良いしかありません。

なぜなら宇宙は善だからです。

宇宙は全て肯定でできています。

全て「それでいい」でできています。

それがそこにそのようにあるという時点で、すでに肯定です。

それはそれでいいから、そこにそのようにあるのです。

その立場にあなたが立った時、全ては「それでいい」です。

これが天国です。

全てをあるがままに完璧に認める時、そこが天国です。

 

「良さ」の質は、外と内では全然違うのです。

 

外の「良い」は、良かったり良くなかったりする中での「良い」です。

相対的な「良い」です。

内の良いはそれしかありませんので、絶対的な「良い」です。

そこにいれば良いでしかあり得ないという、良いです。

 

そこ。

 

すなわち天国ですね。

良いしかない。

それってすなわち、天国です。

 

あなたはそこへの招待状を持っています。

生きている時点ですでに全員、持っています。

なぜなら生きているなら「内」が必ずあるから。

存在というものがそもそも、「内」だからです。

 

パーティ会場を、あなたはそもそも持って生まれているのです。

そこへ行く、行かないは、完全に自由です。

無理に行く必要も、ありません。

 

ただし、行きたい人は全員行けます。

何しろ招待状を持っているので。

というか、パーティ会場自体を持っているので。

あなたは招待客というよりもむしろ、主催者です。

出入り自由です。フリーパスです。

 

会場は外にはありません。

内です。

そこに向かうだけです。

 

 

天国への招待状 2
何も見ていません。 何かを見ているようで、何も見ていません。 そういう状態って、想像できます? 目を開けていれば、必ず何かが目に入ります。 必ず何かを見ています。 しかし、何かを見ていながら、何も見てい...
天国への招待状 3
天国は何か修行僧のように、世間との関わりを絶って、一人で内に籠るような印象があるかもしれませんが、どんな印象も当たっていません。 物質的な豊かさに満たされるかもしれませんし、そうではないかもしれません。 独りかもしれませんし、大...
天国への招待状 4
天国にいる時、全員を好きになります。全員です。 誰かは好きだけど、誰かは嫌いということは、ありません。 全員大好きです。 なんでそうなるのかって? それはもう、みなさんおわかりですね。 外のことはどうで...

コメント

  1. 天国は今、ここにあると言われる。それを感じられないのは天国にいると「知らない」から、知らないことは経験できない。天国にいると「知れば」それを経験できる。言葉にすると短い、しかし、もちろんそんな簡単なはずはなく、幻想は無限の深さと奥行きという誘惑を持っている。この誘惑を振り切った者だけが天国を経験できる。

タイトルとURLをコピーしました