自分自身である感覚をつかむ

自分自身である感覚。

これが全てです。

 

自分自身である。

誰かになろうとせず、何かになろうとせず、ど真ん中、自分。

あなたが最終的に行きたいのは、そこです。

 

「ここかぁ」

 

その感覚を、おぼえていますか?

子供のころ、誰にも気兼ねせず、何も気にせず、ありのまま、そのままでいた時のような感じ。

 

それは全く大したことありません。

なんにもすごくありません。

とても普通です。

ど真ん中、普通です。

 

そこはとてもくつろげる場所。

全然がんばらない場所だから。

なんにも気にしてない場所だから。

 

いま、この世の中に生きていて、何もがんばらない、何も気にしないなんて、無理だと思いますか?

それはちっとも無理じゃありません。

 

「どっちかの夜は昼間」なんて歌がありました。

夜を裏から見れば昼です。

そして昼を裏から見れば、夜です。

同じ地球でも、見る位置によって、真逆に見えます。

 

あなたの今のその人生。

それは裏から見れば真逆です。

見る位置を変えるだけです。

何かを付け加えたり、何かを差し引いたりしません。

何も手を加えません。

それそのままに、意味が180°変わる。

 

苦しさのどん底。

それは、そのまんまのそれを、見る位置を変えるだけで、真逆になります。

「意識」だけの話です。

なぜならあなたの現実は、あなたの意識の中に展開しているから。

 

いつもなら面倒くさくて、イヤイヤやっている家事も、ゲームにしてしまえば俄然面白くなります。

今まで楽しくやっていた仕事も、上司のささいな一言でガラリと意味が変わり、全てイヤになります。

行為自体に楽しいも苦しいもありません。

楽しい苦しいが存するのは、あなた自身です。

 

「楽しいあなた自身」がそれをやるから、それは楽しいのです。

「苦しいあなた自身」がそれをやるから、それは苦しいのです。

「それ」自体には、楽しいも苦しいもありません。

楽しい苦しいを決めるのは、あなた自身です。

あなたの状態が、全てを決めるのです。

 

 

というわけで、「自分」です。

苦しいというのはすなわち、自分から外れているのです。

自然である自分。元の自分。

それが苦しいはずありません。

 

元の自分でいる時、自然で、ナチュラルで、スムーズです。

だからあなたが気にすべきなのは、元の自分であるかどうかです。

今の自分が、元の自分と照らし合わせて、「当たってるな~」とか「外れてるな~」とかいうのを、確認すればいいのです。

 

「全てがうまくいく自分」にいるから、全てがうまくいくのです。

テクニックや技術を駆使して、あれやこれやと現実に手を下すから、うまくいくのではありません。

うまくいく・いかないは、あなたが「うまくいく自分」であるかどうかによって決まります。

うまくいく自分に居さえすればいいのです。

それはすなわち、元の自分。本来の自分。

本当の自分、ど真ん中の自分です。

 

自分でいればうまくいきます。

自分から外れると、うまくいかなくなります。

 

 

「自分でいると、うまくいかない。だから自分を捨て、世の中でいいとされているテクニックを身に付けた」

かなり多くの人が、このやり方でやってきたことでしょう。

だからうまくいってないのです。

自分を捨てたから、うまくいってないのです。

それがうまくいかないことは、すでにあなたが実証済みです。

 

これがうまくいかないことは、わかった。

しかし、新しいやり方にも抵抗がある。

今はこういう状態でしょう。

 

しかし、今後進むのはどちらかというと、新しい方向です。

それはわかっています、あなた自身にも。

もう今までのやり方がうまくいかないことは、骨身にしみて理解しています。

古いやり方に戻ることはあり得ないと、自分で知っています。

しかしまだ、新しいやり方になじめない。

 

それはもちろんそうです。

いきなり新しいやり方になじめないのは、当たり前です。

だから、徐々に慣れていくのです。

いきなりマスターなんてできません。

今までのやり方だって、何十年もかけて馴染んできたわけでしょう?

新しいやり方だって、同じくらいの時間をかけていいはずです。

ただ気を付けなければいけないことは、元に戻らないことです。

 

放っておくと、いつの間にか古い馴染んだやり方に戻っています。

だから、常に意識する必要があります。

自分はどっちの方向に進むのか、進もうとしているのか。

 

180°の方向転換だから、相当なエネルギーが必要です。

そこは理解しておく必要があるでしょう。

今、自分がどういう状態かを常にチェック。

それは特に最初のうちは、大事なことです。

 

 

自分に還る。

意識するのは、ただこれだけです。

自分に居るって、どういうことだろう。

くつろぐってどういうことだろう。

 

ヒントは世の中に散らばっていますが、答えは自分自身しか知りません。

それは「感覚」という形でやってきます。

許すのは他人ではなく自分
さて前回、否定を肯定に転換する、というお話をしましたが、これはすべて自分についての話です。 「肯定をする」というのは、全て自分についてであり、他人や外の状況ではありません。 なぜなら世界はすべて、自分の意識の上に展開しているから...

 

感覚を研ぎ澄まし、感覚に耳を傾けてください。

いつも、自分自身の声を聞くクセをつけましょう。

我々は放っておくと、自分の声を聞かずに、他人の声を聞いてばかりになります。

「誰それが言ったから、それをやってみよう」と。

 

しかし、それを鵜呑みにするのではなく、まず自分の声に耳を傾けてください。

そこには本当に、パッと視界が開ける感覚があったか、安心と充実とワクワクがぶわっと広がったか。

 

「感覚」が全てです。

感覚は間違えようがありません。

人の意見は合ってたり間違ってたりいろいろでしょうが、自分自身の感覚は「合ってる」しかありません。

答えは自分が知っているのです。

というか、自分しか知りようがありません。

感覚を掴む練習をしてください。

 

始めのうちはよくわかりません。

感覚がうまく掴めません。

「んー、よくわからん」

 

よくわからんと言うことは、「合ってない」ということです。

外れているということです。

合っていたら、わからんなんてことは、あり得ません。

あまりにも外れていることが当たり前になり過ぎて、自分がもうサッパリ掴めなくなっているのです。

 

しかし常に自分を掴むという意識で、小さなシッポから掴んでいってください。

小さな「これかな」から始めていってください。

180°の転換なので、初めはそんなもんです。

 

人を当てにせず、自分を当てにしてください。

人に聞かず、自分に聞いてください。

 

自分に始まり、自分に終わる。

全ては自分の中で、完結するのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました