許すのは他人ではなく自分

さて前回、否定を肯定に転換する、というお話をしましたが、これはすべて自分についての話です。

「肯定をする」というのは、全て自分についてであり、他人や外の状況ではありません。

なぜなら世界はすべて、自分の意識の上に展開しているからです。

 

「外」はありません、実は。

外と思っているものは、実は内です。

自分の内である意識を、「外」というものを通して見ているのです。

 

あなたの意識が消えた時、外の世界も消えますね。

「いや、残っている」という場合、誰にとってですか?

あなたにとっての世界はどこですか?

あなたにとっての世界は、あなたの意識の消滅とともに、消えますね。

そして、あなたの意識の出現と共に、出現します。

 

つまり、あなたの認識状態が、あなたにとっての世界です。

自分の世界を作るとはすなわち、自分の認識状態を作る、ということです。

 

否定を肯定へと転換すると、真の世界が現出します。

なぜなら世界は、肯定でできているからです。

否定から肯定への転換は、真実との同調ということです。

 

 

そもそも否定はなぜ発生したのかというと、外の世界の影響を受けたからですね。

生まれたばかりの赤ちゃんに、否定はありません。

赤ちゃんが「それはいけない」なんて言いません。

あるがままです。

 

成長の過程で、親の教育や学校の教育、自らの体験や周りからの情報というもので、いろんな否定を蓄積してきました。

 

なぜそんな、敢えての否定が必要なのか。

それはエゴの仕業ですね。

 

否定とは、人が自らの身を守る過程で、発生してきたものです。

あれをしないように、これをしないように。

あれはダメ、これはダメ。

それはすなわち、「それをすると自らの身を危うくする」からです。

だからそれをしないように、「否定」なるものを作りだした。

人間はそういう意味では賢いのです。

エゴの能力は大したものです。

 

しかし、自然に否定はありません。

前回も言いましたが、世界はそもそも肯定です。

否定があるのは、人間だけです。

エゴがある、人間だけです。

 

否定がないという状態が、すなわち肯定です。

「そうである」という時点で、そもそも肯定です。

 

否定は「敢えてしないと」発生しないものです。

 

否定は「わざわざ」やっているのです。

何もしなければ、全て肯定です。

否定とはすなわち、「不自然」なのです。

 

その不自然から自然に戻ること。

それがすなわち「否定→肯定」の転換の意味です。

 

 

「否定→肯定」の転換。

これは全て自分について行われるものです。

他人とか外の状況についてではありません。

自分の意識の投影が現実の世界なので、自分を変えることが、すなわち世界を変えることです。

 

例えば、「あの人のこと今まで否定してたけど、今度からは認めよう」とか、そういうのは必要ありません。

外の何かを認めるのではなく、自分自身を認めるのです。

あの人のことを許せない自分を許す」のです。

「あの人もあの人なりに頑張ってるのだから、ちゃんと認めてあげないと」ではありません。

 

つまり、人のことは許せなくてもいいのです。

人のことを許せない自分を許し、人のことを許せる自分も許す。

つまり、何であろうとどうであろうと許す、ということです。

 

「今まで人のこと許せないの、いけないことだと思ってた。でも許せなくていいんだ!」

それが真の解放であり、肯定の威力です。

パッとその人の顔が明るくなる瞬間です。

生命が流れ出す瞬間です。

 

そして、許せないことを許したら、逆に許せるようになります。

なぜなら、もう人のことはどうでもいいから。

「許す・許さない」という許し方ではなく、もうどうでもいいという認識状態によって、その人のことはもうそのままでいい、となる許し方です。

 

世界は放っておいたら肯定。

それが真実です。

ありのままの世界は肯定であるという真実に、そのとき同調したのです。

 

これが逆に「あの人のこと今まで否定してたけど、今度からは許そう」だと、全然許してないのです、自分を。

相変わらず、許せない自分を許していません。

許せない自分を否定しています。

許せない自分を否定しているからこそ、「許してあげないといけない」と、「~しないといけない」という発想になります。

 

「~しないといけない」「~すべき」

これは全部否定の裏返しです。

 

前回も見たように、何かしなくちゃいけないと思っているから「何もしない自分はダメ」となります。

本当は許せないのに許してしまうのは、「許せない自分はダメ」と思っているからです。

 

 

このように理屈で納得することも、もちろんできます。

しかし、感覚を見ればもっと簡単にわかります。

それが合ってるか間違っているかは、感覚でわかります。

感覚でもう、間違えようがありません。

 

許したくない他人を無理に許す時、感覚はどうですか。

閉塞感です。

どんどん詰まっていく方向です。

無理やり感、納得できない感、不承不承。

そんな感じです。

 

逆に、許さなくてていいことを認める時、その時の感覚はどうですか。

解放感です。

フワッと流れる方向です。

パッと視界が開ける感じ、心が軽くなる感じ、肩の荷が下りる感じ。

 

感覚でもう、一目瞭然です。

 

生命が流れる方向、躍動する方向。

それが正しい方向です。我々が行きたい方向です。

それはもう、感覚が教えてくれます。

間違えようがありません。

ハッキリと違いますから。

 

我々には「感覚」というナビゲーションが、そもそも備わっています。

標準装備です。

宇宙がそもそも、そういう作りになっています。

楽しいことをしよう
人には衝動があります。 「何かをしたい」という衝動が。 寝たい、食べたい、あれが欲しい、これが欲しい。 実にさまざまな「したい」があります。 そんな「したい」の中で、特に何が一番したいですか? 本当にし...

 

 

許すのは自分です。

人は許さなくていいのです。

 

今まで聞いてきた話と違いますか?

人のことを許すべきと習ってきましたか?

自分のことを優先するのではなく、人のことを優先すべきと習いましたか?

 

ハイそれ。

「~すべき」

これはすなわち、「それができない人間はダメ」といっていることと同じです。

できない人間を否定しているのです。

「~すべき」が頭の中にあるならば、それこそが覆されるべきです。(笑)

肯定とは、あらゆる「~すべき」を外していく過程とも言えます。

 

真実は習ってきたこととは全然違います。

人は自然に還る時、真実が見えます。

あるいは真実を見る時、自然に還ります。

意識の変革を起こす方法
意識の変革。 全てはここから始まります。 なぜなら、あなたにとって世界とは、イコールあなたの意識だからです。 意識が変われば、世界が変わります。 逆に、 目に見える何かが変わったとしても、意識が変わって...

 

否定から肯定への転換は、自然に還る過程とも言えます。

詰め込まれた否定を外し、本来肯定である世界と調和する。

それが人間本来の生き方です。

 

でもそんな生き方は、今のエゴ的社会では生きていけないと思いますね。

他人ではなく自分を優先していたら、今この社会では生きていけないと感じていますね。

 

捨てましょう。

 

あなたが今生きている世界を、捨てましょう。

それが新しい世界への移行ということです。

古い家に住みながら、新しい家に住むことは、できません。

あなたが新しい家に住みたいと思ったら、古い家とはオサラバしなくてはいけないのです。

もちろんその時「やっぱり古い家がいい」となったら、無理に移行する必要はありません。

心ゆくまで、古い家を堪能すればいいのです。

 

しかし、古い家に閉塞感を感じ、新しい世界を希望するならば、古い世界は捨てなくてはいけません。

右と左は同時には向けません。

向きたい方向を向いたら、その他の方向は一切視界に入らなくなります。

どれか一方向を選択です。

 

 

今まで言われてきたことは、真逆であることが多い。

このブログでも、よく「逆、逆」と言っています。

あなたが固く信じて疑わないそれは、実は真逆である場合が多いのです。

 

正しい答えは感覚が教えてくれます。

苦しく、重々しく、息詰まる感覚があるなら、再考の余地ありです。

そこには何かしらの否定が潜んでいます。

そして発見してください。

パッと視界が開ける感覚、気持ちのいい感覚、スムーズな感覚を。

今までダメと思ってきたものを「あ、いいんだ」と発見する時、感覚の転換が起こります。

そして、世界との同調、流れの回復が起こります。

 

転換とは「否定→肯定」です。

そしてその転換は、自分において起こります。

自分=世界だからです。

 

世界が変わる様を見届けてください。

それは実に素晴らしい体験です。

外の世界に手を下すのではなく、意識を変えることによって。

外の世界は何一つ変わることなくそのままに、あなたの世界は変わっています。

世界はあなたの「内」に展開しています。

あなたの内の世界が素晴らしくなれば、外の世界は素晴らしく「見え」ます。

何一つ変わらずそのままに、素晴らしく見えるのです。

その時すでに、外の世界は素晴らしい世界です。

外の世界が物理的に変わることは期待しなくていいのです。

証拠は何もいらない。

すでにあなたの中に「確信」があるから。

世界は美しいという確信が、すでにそこにあるから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました