文明と自然の折り合いをつける

泉は滾々と湧き出しています。

血が巡り、息をし、生きているということは、生命の泉が滾々と湧き出しているのです。

あなたの中にエネルギーは、常に常に、あふれています。

生きているということは、そこからエネルギーがあふれているということです。

生命はエネルギーの噴出口です。

 

その噴出口がふさがれていたり、滞ったりすると、エネルギーは出にくくなります。

エネルギーをスムーズに流してあげると、生き方もスムーズに、エネルギーにあふれます。

 

我々が気にすべきことは、他人の動向や世の中の状況などではなく、自分の噴出口がうまく働いているかどうかです。

世界がどうなっているかなんて、知ったこっちゃありません。

とりあえず関係ないでしょう? 自分のエネルギー噴出口の状態と。

自分のエネルギー状態のケアこそが、大事なことではありませんか?

 

自分を素晴らしくしてあげることが、世界に貢献することです。

しょぼしょぼなエネルギーで、何ほどのことができますか?

それよりもエネルギーを流し、よりたくさん流すことが、より世界貢献ではないですか?

自分を最高にしてあげることが、世界貢献です。

だから、エネルギー状態をケアしましょう。そこにこそ集中しましょう。

 

 

個人のエネルギーの噴出は、非常に混乱をもたらすものと考えられています、現代の社会では。

だから非常に統制が行き届いています。

法を整備し、モラルをこしらえ、溢れないように、何事もないように、慎重に統制されています。

 

そんな中で生きている我々の噴出口は、非常に抑えられています。

あまりエネルギーが噴き出さないようになっています。

 

このような統制は、人間の恐怖心から行われています。

いわゆるエゴですね。

「人生のしくみ」と「本当の自分を生きる方法」
以下の文章には、人生のしくみと本当の自分を生きる方法のエッセンスが詰まっています。繰り返し読んで理解を深め、繰り返し実践してみてください。 生きていて何となく感じる違和感、居心地の悪さ、すぐれない感じ、不安。 それは、何かが...

 

庭師を入れ、剪定をし、美しく整えられた庭を目指しているのです。

放っておいたら雑草がはびこり、枝も葉も伸び放題で混乱を極めるだろうと。

だから常に摘んだり整えたりして混乱を収めています。

 

しかし、そのような剪定の入らない未開のジャングルでは、自然の摂理に基づいた秩序が、実は行われています。

一見混沌にしか見えないその奥に、自然の秩序が、粛々と進行しています。

人の目には混乱と無秩序にしか見えない、その奥に。

 

人はつまり、進化の過程がまだその段階だということです。

見た目の奥にある叡智に、まだ気付けない段階です。

 

しかし、何かがオカシイと気付く人はたくさんいます。

いまこれを読んでいるアナタとか。

 

なんかヘンだ、なんか違和感。

そのような思いは、実際ほとんどの人が感じています。

ただ普段はそのことを気にしてないだけで。

 

なぜなら人間も自然の存在だからです。

自然と響きあうものを、その根本に持っているからです。

その本来の自然に帰りたいという衝動は、誰しもが持っているものです。

 

その衝動と、現代の社会の在り方とのぶつかり、葛藤。

それが今現在のあなたの状況ですね。

 

そして答えももう出ています。

自然こそが正しいと。

人間が人間技で出した知恵よりも、自然の叡智のほうがはるかに本来であると、本能のレベルで知っています。

そしてそちらへ戻ろうとしています。

 

 

今、この人間の文明社会と、自然本来の在り方とで、どう折り合いをつけるのかと、その葛藤の真っ最中だと思います。

どう折り合いをつけましょうか。

 

それはもう、できることからやっていくだけですね。

別に文明社会からはみ出したいわけではありません。

犯罪を犯したり、山に籠ったりしたいわけではありません。

 

普通に生活してていいのです。

文明を享受し、皆と仲良くし、楽しくやってていいのです。

「自然」でいいのです。

何の無理もしなくていいのです。

「普通に」自分らしくいればいいのです。

 

「謎」に統制を設けていました、自分自身に。

別に着たい服を着ることは、何の法にも触れないし、食べたいものを食べることも、何の法にも触れません。

「謎」に、個人統制をかけていました。社会は全然そんな統制は設けてないのに。

そういう部分が何気にたくさんあります。

 

文明と自然は折り合いがつくのです。別に普通に。

「謎」の統制を解きさえすれば。

 

自然にしたときに自然に出るもの。

それに気づきさえすれば、自然とうまくいきます。

 

「気づくこと」ですね、やはり。

生きることの意味
生きててなんか感じる違和感は、本当の自分ではないという違和感です。 本当は言いたくないことを言ったり。本当は選びたくないことを選んだり。 愛想笑い、おべっか、気遣い、根回し。 生きるということは、妥協と偽りの連続で...

 

自然は自然と溢れ出しています、ごく自然に。

それはあまりにも自然すぎて、気がつかないかもしれません。

そこに気づくこと。

自分の中から湧き出してくるものに、敏感でいること。

それがつまり、噴出口のケアです。

 

生命の泉は今この瞬間も滾々と、湧き出しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました