本当の自分を捉える感覚

それは非常に、捉えにくい感覚ではありますね。

「本当の自分」

それは非常に、捉えにくい感覚ではあります。

何かわかったような、わからないような、そんなモヤモヤした感じ。

 

本当の自分に居てみようとすると、何か捉えたような捉えないような、微妙な感覚を味わうかもしれません。

 

しかしそれは、捉えるというよりもむしろ、捉えようとすることをやめる、ということです。

凝結するよりもむしろ放散する、という感覚です。

 

「わかる」ではなく、むしろ「わからない」です。

 

そしてその、わからない感じが気持ちいいのです。

どこにもいないのです。

どこにも依存していないのです。

どの考えにも依拠していないのです。

 

どこかに掴まりたがる、何かに依拠したがる。

それが普通の感覚ですが、普通の感覚の逆を行くのです。

 

どこにも掴まらない。

何にも依拠しない。

放散。

どこにもいない。

 

「わからない」でいいんです。

わからないからと、何かわかろうとしますが、いやいや、わからないで正解です。(笑)

「正解は無い」で正解です。

 

確かさによって安定するのではなく、確かなものは何もないという不確かさに身を任せる。

確かさに依る必要がないからこその、確かさ。

それは、裏から見たときに確認できる、確かさです。

 

確かさこそが正しいと、普通の感覚では思います。

何か硬い、しっかりしたものに寄り掛かると。

しかしその逆です。

すべては逆です。

放散します、無くしてしまいます。

 

それは一般的な感覚での「安心」とは違います。

むしろ180°逆です。

普通の感覚のままでは、ちょっとついていけません。

普通の感覚のままだと、何か確かなものに寄り掛かろうとします。

しかし、何にも寄り掛からないのです。

放散して無くしてしまうのですから。

 

どこにもいません。

誰も私を捕まえることはできません。

どこにもいないから。

「楽」です、言ってみると。

「空」です。

空気のように軽い。

凝結して塊になってガッシリとするのではありません。

その逆です。

空気になって放散して、雲散霧消します。

消えてなくなります。

どこにもいません。

 

どこにもいません。

つまり遍在します

どこにもいるのです。

 

感覚としては、「逆」です。

普通の感覚の、逆です。

普通は生きようとしますが、死にます。

普通は何が何でも生き延びようとしますが、死にます。

いとも簡単に死にます。サクッと。

その軽さ。

つまり逆なんです。

 

普通は死ぬのはダメと思われています。

完全に腹の底から、そう思われています。

だから難しい。

実際に死ぬんじゃないですよ。

物理的な話は一切していません。

感覚の話です、全部。

 

 

正解は無い。

「だから何?」

確かさは何もない。

「だから何?」

何もすごくないし、素晴らしくもない。

「だから何?」

 

その「だから何?」です。

何でもないのです。

普通の感覚なら不安の状態。

それです。

 

だから普通の感覚では捉えられません。

感覚の転換。

「あ!」という発見が必要です。

「それかっ!」という発見が必要です。

発見する人生
人生は発見の連続です。 「え、それでいいんだ!」という発見です。 我々は生きていて、何か閉塞感のようなものを感じています。 何か行き詰るような、何かツマラナイような。 大きな問題はない。かといって心弾むような...

 

発見によって、人生は転換します。

コロンブスの卵です。

 

それは普通の感覚ならオカシイと思われることです。

だって普通の感覚の真逆だから。

 

コロンブスだって、初めは頭オカシイと思われたはず。

先駆者は必ず頭オカシイと思われます。

外の目線を気にしていたら、なかなかできないこと。

だからひっそりとやったほうがいいです。(笑)

Think Nothing
驚くべき事実。 うまくいっている人は、何も考えていません。 うまくいくためには、さまざまなスキルを身に付け、勉強し、努力に励み、刻苦勉励しなければいけないと思い込んでいる人たちに朗報です。 そういうものは一...

 

頭オカシイかオカシクないかを見るのではなく、真実を見る。

本当はどうなのかを見る。

人の目線や、普通の感覚がどうなのかを一切気にすることなく、本当はどうなのかを一直線に見る。

本当のことへの単刀直入な目線です。

 

本当のことへ、単刀直入に入ってください。遠慮なく。

本当のことは、単刀直入です。

遠慮も会釈もありません。

スパっと、ダイレクトに掴んでください。

それが、それです。

 

あらゆる前提を捨て、裸で真実に向き合ってください。

何の予断も偏見もなく。

真実に向き合う覚悟を100%決めたとき、あなたは真実そのものです。

その時あなたは、真実そのものです。

 

真実はのらりくらりでも、道程でもありません。

スパっと、それです。

単刀直入に、それです。

間違えようのない、確信です。

 

本当のことはあまりにも本当すぎて、間違えようがありません。

今までの「普通」にくらまされることなく、本質を突いてください。

 

建前ではなく、本音です。

本音をつかんでください。

 

裸の王様は、だれが見ても裸です。

それを裸だと言うのです。

見た通りを、言うのです。

「見た通り」を。

 

我々はあまりにもくらまされている。

あまりにも建前にくらまされている。

 

本音を暴こう。

だれにも言わず、ひっそりと。

 

それこそが、天国への招待状です。

天国への招待状
天国へ行きたいと思いますか? 天国は死んでから行く場所ではありません。 それは今すぐ、その場で行く場所です。 それは物理的な場所ではありません。 何丁目何番地という場所ではありません。 物理的な空間では...

コメント

タイトルとURLをコピーしました