現代人が抱える慢性病

あなたを救うのは「何か」ではありません。

何かが起こって、人生が変わった。

何かを得ることによって、幸せになれた。

何かが私を変えてくれた。

 

人は人生に「何か」を期待します。

いつも「何か」を探しているといっても過言でもありません。

何かないか、何か私の人生を変えてくれるものはないか、何か面白いものはないか、何か美味しいものはないか、誰か素敵な人はいないか。

何かないか。

 

しかし、あなたの人生を根本的に変えるのは、「何か」ではなく、「何でもない」です。

「ない」をどのようにして見るか
最近よくコメントをいただけて嬉しいかぎりですが、 「ない」にたどりつくということを感じてみたいです。 というコメントをいただいて、ああ、まずはそこか、と思いましたので、「それを見る」ということについて書いてみたいと思います。 ...

 

で、こう言うと、「何でもない」という「何か」を探してしまう、というパラドックスにお気づきでしょうか?(笑)

 

何でもないという何かを探してしまう。

これだと、何でもないはすでに「何か」なので、もう根本的にスタートが間違っています。

このことに気づかないまま、「何でもない」を探してみても、何も見つかりません。

なぜなら「何でもない」は「何か」ではないからです。

 

そして、「何でもない」が、「何か」でなはいとわかったなら、その時点でもう旅は終わりです。

何でもないが、何かではないとわかった時点ですでに、「何でもない」が何であるかを把握したことになるからです。

 

どうでしょう? 言っていることがわかりますでしょうか。

「何でもない」が「何か」だと思ってる間は、永遠に見つけることはできません。

「何でもない」がわからないという人は、何でもないが「何か」だと思っている、ということで間違いありません。

 

 

何でもないは何でもないのです。 文字通り、字義通り。

初めからそう言ってるし、それしか言ってません。

これほど単純なことを見誤る理由は、「素直じゃない」という一言に尽きます。

ひねくれた物の見方をしているのです。

心当たりありませんか?

褒められても素直に喜べないとか、人の言葉の裏を読んでしまったりとか、勝手に被害妄想を抱いてしまったりとか。

 

妄想にくらまされている。

これは現代人の抱える慢性病です。

誰も責めてないのに責められてるような気になったり、自分だけが損してるような気になったり、何も間違ってないのに何かが間違ってると思ったり。

 

素直になる、ということです。

そのままです、そのまま。

全ては「そのまま」です。

あるものが、ある通りにあるだけで、それ以上でも以下でもありません。

何かをそれ以上に見てしまったり、それ以下に見てしまったりすることなく、「そのまま」見ることができれば、そのときそれは、見えているはずです。

それが見えているということは、自分がその状態になっている、ということです。

それこそが、つまりそれです。

 

 

コメント

  1. たこじろう より:

    そのままを見るというと表面だけを見るって感じで、本質とかもっと奥を見なきゃいけないと思ってしまう。でも、そうやって、あれこれ考えてる時点ですでにそのままではない。あー、わからん。

    たしかに現代人は、人からどう思われるかを気にしすぎて余計なエネルギーを消費している。今、生きてること、誰からもすごいとか、いいとか思われないことでも、例えば風が気持ちいとか、ごはんが美味しいとかをもっと素直に喜んで、幸せだなと、他になんもいらんと思っちゃっていいんでしょうかね?

    • こーへ より:

      思っちゃってもいいし、思っちゃわなくてもいいです。
      あなたはいろんなことを人に決めてもらいたがっていますが、あなた自身はどうしたいのですか?
      なぜあなたご自身の意見を大事にしないのでしょう?
      そのように自らを貶めることによって、自ら低い位置に甘んじています。自ら人の下に潜り込んでいるのです。

      それで納得するはずがありませんね、あなた自身が。
      あなた自身が、私はそんな自分ではないと言っています。
      その文体から横溢するもどかしさは、本来のあなたが表に出たいと言っている声です。

    • たこじろう より:

      くぅーっ。なんか核心をつかれましたね。
      他人に決めてもらって納得できるわけないのに、自分で決めることを避けてる。うまくいかないことを必要以上に恐れてる。
      本音の自分でいきたいです。

タイトルとURLをコピーしました