すべてを解決します

「捨ててください」

何かみなさんに言えることがあるとしたら、その一言です。

どうしたらいいんでしょうか、どういうふうに考えればいいでしょうか、何をすればいいですか?

いろんな疑問や、悩みなどあるかもしれませんが、それら全部ひっくるめて同じ回答です。

すなわち、「捨ててください」と。

 

「何をですか?」

いま握っているものをです。

疑問、悩み、葛藤、解決したい全てです。

 

「どうやって捨てるんですか?」

単純に捨ててください。ポイって。

 

「どうにも捨てられないんです」

でしょうね。簡単に捨てられないから苦労しているんですよね。

 

 

だから、「ないを見る」です。

ないを見て、ないということを、認識する。

それはすなわち、捨てると同義です。

「ない」をどのようにして見るか
最近よくコメントをいただけて嬉しいかぎりですが、 「ない」にたどりつくということを感じてみたいです。 というコメントをいただいて、ああ、まずはそこか、と思いましたので、「それを見る」ということについて書いてみたいと思います。 ...

 

一日の中にないを見る時間を作ることによって、「ない」にだんだん馴染んできます。

だんだん重みが減っていきます。

重く考えていたことがどんどん軽くなり、いつしかふわっと霧散します。

「ない」というデフォルトに戻ることによって、いつでも新鮮にスタートを切れます。

毎日が新しい毎日です。

 

 

頭で考えることは、やめてください。

頭で考えて出した結論は、絶対に解決にならないことを保証します。

考えをやめて、まっさらになったとき、勝手に解決します。

自動的に整います。

なぜなら、「うまくいく」というのが、宇宙の運行の基本だからです。

手放せば、勝手にうまくいきます。

 

「うまくいかない」が基本であるなら、とっくに宇宙は滅びているはずです。

いま、現に存続しているという時点で、少なくとも「今」は、うまくいくのが、宇宙の運行の基本方針です。

そして実際のところ、「今」しかありません。

「今」以外であったことなど、ありません。

永遠の「今」があるだけです。

すなわち、永遠にうまくいくのが、宇宙です。

 

うまくいく、ということを、信頼するのです。

すると、あなたの出す「信頼」の波動が、信頼の波動として返ってきます。

信頼しているよ、という声を出すと、信頼しているよ、という声が、こだまのように、返ってきます。

自分=世界です。

出したものが、そのまま自分に返ってきます。

 

信頼できない事象によって「信頼できない」と思わされているのではなく、「信頼できない」という声を出しているから、信頼できない事象が返ってきます。

逆です。

世界をひっくり返しましょう。

外の事象があなたを作るのではなく、あなたという事象を投影して世界が作られます。

あなたが、世界を作るのです。

「どう思っているか」の問題
またまた前回の続きになってしまいますが、 「何もいらん」と心底思えた時、何もいらない世界が実際にそこに広がっていることでしょう。 これってある意味、当たり前ですね。 何もいらないと心底そう思っている人の見る世界は、何もいら...

 

はい、難しいですね。

こびりついた思考のクセを変えるのは、難しいですね。

ですから、「ないを見る」です。

 

「ない」というデフォルトにおもむきましょう。

「ない」でいれたら、そこから「ある」は自動的に湧き起こります。

それが宇宙の運行だからです。

宇宙の運行は、うまくいくのが基本方針です。

だから、任せておけば勝手にうまくいきます。

 

信頼することです。

「おい!なにマズイことやってくれちゃってんだよ」

なんて人間心で判断しないでください。

宇宙の運行を信頼することです。

それは、「ない」でいられたら可能です。

ジャッジも判断もせず、起こる様を眺めましょう。

あなたの判断は宇宙に勝るとでも?

 

捨てることです。

人間心なんて、宇宙に比べたら塵にすらならない。

塵レベルの思考でうまくやろうなんて、まさに塵レベルだからこそ思いつく発想です。

捨てた方がうまくいきます。

 

「いや、そんなの無理」という思考がでてきますか?

そしたらその通りの世界が現れます。

でもその思考を止められないんですよね?

だから「ない」におもむいてください。

 

ちっぽけな思考など捨てて、運行のプロフェッショナルである宇宙さんにお任せしたほうが、絶対うまくいくに決まっているのです。

 

 

コメント

  1. たこじろう より:

    例えばマスク着用が実質強要されているような状況が嫌で、自分がマスクをつけずにいると注意されるので、それも嫌だから、しょうがなく職場ではマスクをつけています。世の中に正しい情報が広まってほしいと思う。そのために何がしなきゃと思う。でも、そんなことすら考えたり、行動したりせず、どうなってもいいやぐらいに思ってるほうが、うまくいくのでしょうか? 

    • こーへ より:

      どうすべき、とか、どうやったらうまくいくのか、よりも、「どうしたいのか」に着目してみてはいかがでしょうか。
      たとえそのしたいことができないにしても、「自分はどうしたいと思っている」ということを、少なくともあなた自身は、知っておいてあげてはいかがでしょうか。

    • たこじろう より:

      自分がどうしたいかにもっと注目してみようと思います。

タイトルとURLをコピーしました