人は神であり宇宙を創造できるとは、こういうこと。

結局人は、実利を求めています。

なんだかんだいって、お金が欲しい。それも大量に。

なんだかんだいって、恋人が欲しい。それもとびきりのイケメンが、とびきりの美女が。

なんだかんだいって、安心が欲しい、仕事はしたくない、優雅に遊んで暮らしたい。

なんだかんだいって、それが本音です。

 

それでいいではありませんか。

 

なんかこんな虫のいい願いはいけないと、謎に思いがちです。

でもよく考えたら、いけない理由なんてありません。

 

我々はあらゆることに、謎にストップをかけています。

「あれはいいけど、これはダメ」「これはいいけど、あれはダメ」

 

しかし真実は「何でもいい」です。

なぜなら宇宙にルールはないから。

 

宇宙に「法則」ならあります。

「こうすればこうなる」という法則ならあります。

しかし「こうしなきゃいけない」「こうすべき」というルールはありません。

 

ルールというものは、もともと存在しません。

全部後からこしらえたものです。

 

「何でもいい」

むしろこれが、宇宙のルールです。

 

 

さあ、何でもいい時、あなたは何をしますか? どうしますか?

何でもいいんですよ? 完全に自由です。

頭の中は。

 

頭の中は完全に自由です。

何をどう望んでも、自由自在、変幻自在、縦横無尽、無制限。

 

言われてみれば、そうですね。

改めて言われてみれば、そうです。

頭の中で何を考えたからといって、別に捕まるわけじゃないし、法に触れるわけでもありません。

 

頭の中は「宇宙」と一緒です。

縦横無尽。無制限。

何をやってもいいし、何でもできる。

全知全能の神が宇宙を創造するように、あなたも頭の中を自由に創造したらいいのです。

 

 

「現実」は不自由ですね。

あれをしてはダメ、これをしてはダメ。

人の目もあるし法律もある。

物理的制約もあるし、時間的、能力的な制約もある。

でも、その不自由さを頭の中にまで持ち込む必要はありません。

 

我々はうっかり、現実の不自由さを、頭の中にまで持ち込んでしまいます。

だから発想が不自由だし、常に何かに縛られた感覚があります。

 

しかしよく考えたら、頭の中と現実はまるっきり別です。

頭の中は宇宙です。

自由で無制限でノールールです。

そのことを改めて思い出しましょう。

 

つまり、自分は神ということですね。

頭の中という宇宙を、自由にクリエイトする神です。

その神が「いや人の目が…」とか「ちょっと予算が…」とか言うの、オカシイでしょう。

縦横無尽に何の制限もなく、やりたいことをやりたいままにやるでしょう、ふつう?

現実の中では100円200円に汲々としていても、頭の中は100億200億でしょう?

現実はどんなに世知辛くても、頭の中は愛と平和とパラダイスでしょう?

 

 

相変わらず「頭の中だけで考えていてもバカらしい」と、「無い現実」を見てゲンナリしますか?

神のパワーを自ら放棄しますか?

 

それもいいですね。

神は全知全能だから、自らに制限をかけることも自由自在です。

 

ただ覚えておいてください。

あなたはそれを自ら選択しているということを。

 

誰も神に手出しも口出しもできません。

 

矮小で卑屈で取るに足らない存在だと認識しているなら、自分でそれを選択しているのです。

自分以外に誰も、それを選択し、採用する権限はありません。

誰も神に手出しも口出しもできません。

自分の頭の中をクリエイトできるのは、自分だけです。

 

「なんかあの人はすごいけど、私は全然すごくない」というならば、それはあの人は「すごい」を採用し、私は「すごくない」を採用しているという、ただそれだけの話です。

何でも選択できる状況の中で、あの人の選択と私の選択がそれぞれ違うという、ごく普通の話です。

 

神は自由だから、何でも自由に選択します。

自由に選択するから、あの神とこの神では全然選択が違います。

あの神はこの選択をし、自分はこの選択をした。

あなたはその選択を、自分でしました。

 

やり直したい?

もちろん、自由にどうぞ。

頭の中はあなたの自由です。

誰の許可もいりませんし、何の制約もありません。

「自由」しかありません。

 

 

この話、理屈ではその通りと思うかもしれません。

でも同時に「現実は違うだろ」って思いますね?(笑)

「とは言っても現実がね~」とは、よく聞く言葉です。

 

それだけ現実の力は強いのです。

人は常に現実に引っ張られ、常に現実に引き戻されています。

だから何も変わらないのです。

 

「変わる」とは、現実の重力を振り切り、無限の宇宙へと飛躍することです。

いつまでも現実の重力に引っ張られていては、それは変われません。

変わりたい変わりたいと言いながら、いつまでも現実の重力圏にいたら、それは変わりません。

 

宇宙にはルールはないけど「法則」ならあります。

変わりたい変わりたいと言っているだけで変わっちゃったら、そりゃあ法則に反します。

 

 

あなたは宇宙を持っているのです、現に、頭の中に。

自分の自由にできる空間を、頭の中に持っています。

そこをどのようにクリエイトしようと、あなたの自由です。

これがワクワクしないなら、一体何がワクワクしますか?

 

「うっそ!自由にしていいの!?マジで!?!?」

「自由にしていい」となったら普通テンション上がりますよね。

現実なら。

 

現実の100億200億ならテンション上がりますね。

しかしそれは、現実を有難く崇め奉っている「現実教」の信者だからそうなっているだけで、現実教の信者をやめたら、それが頭の中の話だとしても「うっそ!自由にしていいの!?マジで!?!?」と、同じようにテンション上がるハズなのです。

たまたま今現在、現実教の信者をやっているから、そうならないだけの話です。

現実を固く信じて疑わないから。

でしょ?(笑)

 

 

「自由にできる宇宙を自分も持っている」

この話があまりにも突拍子もなさ過ぎて、にわかに腑に落ちないのは理解できます。

そりゃあそうです。

今まで生きてきた感覚と、あまりにも違いすぎますから。

 

しかし、「ラブ・ストーリーは突然に」です。

それは突拍子もなく突然、降ってわいてくるのです。

突拍子もない展開は、突然降ってわいてきます。

それを受け取るかどうかは、あなた次第。

 

あの日あの時あの場所で宇宙に出会わなかったら、

僕等はいつまでも見知らぬ二人のままです。

 

さあこの邂逅を、時間をかけてゆっくり吟味してください。

何が真実か。そして自分はどうしたいのか。

 

答えはもうすでに、決まっていますね。

後は時間をかけてゆっくり、納得していってください。

 

 

 

ラブ・ストーリーは突然に – 小田和正

コメント

タイトルとURLをコピーしました