シンプルに考えれば全ては解決する

シンプルにいきましょう、シンプルに。

物事は結局、以下の二つです。

  • 良い
  • ダメ

良いと思っているか、OKと思っているか。

ダメと思っているか、良くないと思っているか。

このどっちかでしょう?

すごーくダメと思っているか、まあまあいいと思っているか、といったグレーゾーンを含め、物事は結局、「良い」か「ダメ」かのどっちかです。

で、これについて「このどっちかのみ!」と思っているのが、普通の考え方で、「ダメでもOK」(つまり、良いだろうがダメだろうが、どっちでもいい)というのが、普通より一段上の考え方です。

 

お悩みを抱えているみなさんはつまり、普通の考え方をしているということです。

「ダメ」を文字通りそのまんま「ダメ」と受け止めている、真面目なみなさんですね。

悩み、苦しみの根本は「ダメと思うこと」です。

ダメを文字通りダメと捉えているということです。

しかし、その普通の考え方の一段上には、「ダメすら良い」という考え方があります。

 

そもそもですよ?

そもそも「ダメ」が存在し得る理由は、それが「あっていい」と許されているからでしょう?

存在を許されていなければ、そもそも存在しないはずです。

 

「ダメ」なるものは、ちゃんと存在しています。

現にあなたはそれのおかげで悩んだり苦しんだりしていますね。

そんなダメがある理由は、あっていいから、あるのです。

あって良くなければ、そもそもありません。

 

世の中の全ては、あっていいから、あるのです。

 

あなたがどんなにダメ!と言ったって、現にそれはあるでしょう?

不登校だか政治の腐敗だか知りませんが、現にそれはあるでしょう?

あなたのちっぽけなダメなんかまるで聞いちゃいねえ。

あなたのあって欲しくないそれは、現に堂々とそこにあるでしょう?

なんであるの?

あなたがそこまで強く「ダメ!ゼッタイ」って言ってるにも関わらず、なんでそれは堂々とそこにあるの?

世の中の大多数が「ダメ!」って言ってるのに、なんでそれはそこにあるの?

 

それは宇宙が許可しているからですね。

宇宙の許可は、私たちのダメなんて関係ないのです。

私たちのダメすら、宇宙の許可によって存在しています。

私たちが「ダメ!ゼッタイ」なんて言えるのも、宇宙が許可しているからです。

つまり、宇宙の許可は、私たちのダメすら包含しているのです。

 

世の中の存在全ては、もはや「ある」という時点で、存在を許されているのです。

つまり、宇宙は「OK」で出来ているということです。

 

ダメすら許可されている。

その立場に、あなたが立つのです。

ダメも認めるのです。

なぜならそれは、宇宙から認められているから。

宇宙は「全てを認める」という立場です。

その同じ立場にあなたが立つとき、それはすなわち、宇宙との同調です。

 

宇宙と同調するとき、あなたは宇宙です。

そのときあなたは、宇宙と同じです。

その感覚を味わいたければ、すべてを許可すればいいのです。心の中で。

 

こういうと、じゃあ子供は甘やかし放題、犯罪は認め放題でいいのか、とか言われそうですが、認めるのは子供でも犯罪でもなく、自分です。

宇宙と同調したいのは自分でしょう?

悩みを解決したいのは自分でしょう?

ですから許可を出すのは「自分に」です。もちろん。

許すのは他人ではなく自分
さて前回、否定を肯定に転換する、というお話をしましたが、これはすべて自分についての話です。 「肯定をする」というのは、全て自分についてであり、他人や外の状況ではありません。 なぜなら世界はすべて、自分の意識の上に展開しているから...

 

「あんたそれ簡単に言うけど、言うは易し行うは難しよ」と言うかもしれませんが、そんなことは知りません。

難しいかどうかは知りません。

ただ、そうであるという単純な事実を話しているだけです。

この事実をどう利用するかは、あなた次第です。

 

 

そもそも苦しみなんてないのです。

物理的な「痛い」とかはありますよ。

指切ったら痛いとか、暴言吐かれたらムカつくとか、そういうのは普通にありますよ。

でも、悩みとか苦しみって、一体何のことを言っているのかって思いませんか? 普通に考えたら。

 

例えば「借金の返済で毎月苦しい」とか。

そこにあるのはただ単に借金の返済であり、苦しみではありません。

借金があれば、ただ返せばいいのです。それだけです。

「苦しみ」は勝手に取って付けたオマケであり、でっちあげです。

 

「彼に振られて死にたい」

そこにあるのはただ単に彼が去ったという事実であり、「死にたい」は勝手に取って付けた付属品です。

 

「いやいや、彼に去られたら死にたいに決まってるじゃないの!」

その「決まっている」って事実ですか?

何が事実であるかを、よく見てみましょう。

 

悩みも苦しみも、勝手に取って付けています。

事実を見れば、必ずそうなっています。

そうでないというなら、ぜひご一報ください。

それこそ世界的大発見です。

「苦しみ」が世界で初めて発見されました!皆さんご覧ください、これが「苦しみ」です!なんて。

ビッグニュースになるでしょう。

 

残念ながら、そこにあるのは興ざめなほどの「事実」だけであり、その事実に対して、あれやこれやの付属品を付けているだけです。

それが事実です。

つまり、事実を見ると、悩みも苦しみも「無い」のです。

事実を見ればいつだって、ただ単にそれがそのようにあるだけであり、それ以上でも以下でもありません。

ただ「それ」ってだけです。

誠に興ざめな次第です。

そう、まさに、「興ざめ」です。

事実を見たら、まるっきり興ざめです。

ぽっか~んとするのみです。

そのぽっか~んって、「無」ですね。

何もない。

空白だけが、流れる。

 

なんにもありませんでした。

悩みも苦しみも、夢も希望も。

なんにもありませんでした。

良いもダメもなかったのです。

いえ、「良い」はただ単に「良い」であり、「ダメ」はただ単に「ダメ」でした。

それに対して、どんなどうこうもまとわりついていませんでした。

それらはただ単にそれらでした。

 

という話。

事実を見れば、いつだってそう。

今現にそうだし、今までだってずっとそうだった。

なんにも難しい話ではありません。

まるっきりそのまんまの話です。

 

シンプルにいきましょう、シンプルに。

シンプルにいけば、問題なんてありようがありません。

でっち上げなければ、問題なんて存在しないのです。

「興ざめ」です。人生は。

ただ流れているだけなのです。

 

「そんなのなんにも楽しくない!」とおっしゃいますか?

いやいや、楽しくないから、楽しめるのです。

「何でもない」からこそ、楽しんだり、喜んだりできるのです。

 

人生が「何でもない」ではなく「苦しみ」だったらどうします?

あるいは人生が「何でもない」ではなく、「楽しみ」だったらどうします?

それってすなわち、人生が赤一色とか青一色ってことですよ?

人生が総天然色という豊かさでいられるのは、そのベースが無色透明という「何でもない」であるからですよ。

無色透明だから、そこにいろんな色を乗っけることができるのですよ。

 

喜びましょうよ、人生が「無」であることを。

良いもダメもあり得るのは、そのベースが「無」だから。

宇宙が無であってくれたとは、なんという愛でしょうか。なんというギフトでしょうか。

 

無とは、宇宙の愛そのもの。

無とは、無条件の愛そのもの。

無にあるとき、我々は無条件の愛そのものなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました