すでに満たされている

すでに満たされている。

これはそう信じる、信じないの話ではなく、事実です。

すでに全ては、そこにあります。

無いという感覚さえ、そこにあります。

全てはすでに、そこにあるのです。

足りないものは、何ひとつないのです。

だから、我々にはもう、やるべきことはありません。

足りないものを埋めるためにやるべきことは、何もありません。

つまり「何もしなくていい」のです。

 

「何もしなくていい」は、一種の解放です。

我々は常に、「何かしなくちゃいけない」という強迫観念にも似た思いを抱えていました。

でも、冷静に事実を見たら、何もする必要はありませんでした。

冷静に、ありのままをみたら、そうでした。

だって全ては「ある」から。

「しなくちゃいけない」は、足りないものを埋めるために行う行為です。

全てがすでにあるなら、やる「べき」ことはありません。

やってもやらなくても、どっちでもいいわけですから。

これはすなわち、解放です。

肩の荷が下りるわけです。

 

何もしなくていいとき、あなたは何をしますか。

「何もしない」

それもひとつの選択でしょう。

何もしない。

これは素晴らしい選択です。

何もしない。

これこそ本当の行為です。

何もしないとき、実はすべては行われています。

何もしないということは、中心にいるということです。

宇宙の法則に則って生きる
人は何かを手に入れたいと思います。 家、車、人々の注目、他人からの愛、お金、成功。 しかし、人は何かを所有するということは、できません。 人はそういうふうには、出来てないのです。 「手にした」と思っているのは...

 

何もしないということは、すべてを行っているということです。

すべてに通じているということです。

ただ安心して満たされているだけ。

それだけで、全ては行われています。着々と。

何もしないということが、実はもっとも効果的な行為です。

そしてそれができるのは、すでに満たされていると知るとき。

全てが完全円満でパーフェクトだと知るときです。

 

「足りない」という思いがあるとき、人は何かをせずにはおれません。

その状態でやせ我慢をして何もしないでいても、それは「やせ我慢をしている」わけです。

真に「何もしない」ができるのは、完全円満で満たされて、全てがパーフェクトだと心の底から安心しているときです。

ですから、全てがすでにあり、完全円満で満たされていると知ったほうがいいのです。

そして、それを知ってしまえば、それで終わりです。

あとは自動的に事は運びます。

それを知ってしまえば、もうやることはないのですから。

 

これは信じる、信じないの話ではなく、事実です。

事実をありのままに見れば、それはそうなのです。

「そういうふうには見えない」

それは、事実ありのままを見ていないのです。

それは何か、概念を見ているはずです。

「こうであるはず」という予断を見ているはずです。

何にもくらまされない、誰にもじゃまされない、本当の意味でストレートに見たならば、それは間違いなくそうなのです。

「なぜそう言えるのか」

それは見たまんまだからです。

誰でも見ればわかりますし、見ないことにはわかりません。

言葉の説明では、何もわかりません。

実際に見ないことには、真にはわかりません。

ですから、実際に見てください。

見ることにこそ注力してください。

不安定な状態で、力技でなんとかするのではなく、ただ単に見てください、事実を。

力技では何ともなりません。

人間の個人的な力技では、宇宙を覆すことはできません、そんなことは不可能です。

事実を見れば、それで終わりです。

 

事実を見てください。

我々は初めから救われていたのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました