悟りへの具体的な筋道

世界の根本
ご存じでしたでしょうか、すべては終わるということを。 今まで頑張ってきたあれやこれや。 つらかったあれやこれや。 楽しかったあれやこれや。 全部終わります。 消えてなくなるわけです、全部。 あたか...

というわけで、

全部が「ない」ということになると、どうなるでしょうか。

 

全てのものから、重さが消えていきます。

「軽く」なるのです。全てが。

 

軽くなるとは、どういうことでしょうか。

物事を深刻に受け止めなくなるということです。

 

物事を深刻に受け止めなくなるとどうなるでしょうか。

何事も気楽にできるということです。

 

何事も気楽にできるとどうなるでしょうか。

生きることが楽になるということです。

 

 

「ない」ということ。

「軽くなる」ということ。

重みがないということは、「楽」ということです。

 

そしてそれは、本来のことです。

「無い」が本来であるということは、前回見た通りです。

世界の根本
ご存じでしたでしょうか、すべては終わるということを。 今まで頑張ってきたあれやこれや。 つらかったあれやこれや。 楽しかったあれやこれや。 全部終わります。 消えてなくなるわけです、全部。 あたか...

 

本来人生とは、軽く、スースーで、楽なものです。

本来の「無」に沿って言えば、そうです。

 

その本来の「何もない」に意味を足し、意義を足し、大義名分を振りかざし、理由を付け、理屈をこねて、物事はどんどん重くなっていきます。

そしてどんどん、身動きが取れなくなっていきます。

どんどん重くなっていき、どんどん動きは鈍り、どんどん疲れ、重い足を引きずるようにして歩くハメになります。

 

これは、自らそうしているというところもありますし、世間の流れがそうだということもあります。

そういうコンセンサスの世の中に生きていますから。

 

とはいえ、そこから抜け出すことも、もちろんできます。

本来の無に還ればいいだけです。

 

これは、難しいとも言えるし、簡単とも言えます。

 

世の中の大勢がそうであり、長年そのように育ってきた慣れもある中で、そこから脱却するのは難しいとは言えます。

と同時に、やること自体は、余計なものを捨て、元々そうであった本来に還るということなので、簡単とも言えます。

何も100m10秒で走れとか、明日までに100億集めろといった、無理難題ではありません。

 

誰にとっても不可能なことではありません。

そもそもノーリスクなので、やらない手はないとは言えます。

では、やろう!となった場合、具体的にはどうすればいいのでしょうか。

 

 

やることは、無に還ることです。

もともとの無を思い出すことです。

そして、そのポジションにいる、ということです。

 

ちっとも具体的ではないですね。(笑)

「は?無って何??」って、最初から意味わかんないですね。(笑)

 

そもそもの話の性質が、具体的ではありません。

なにしろやろうとしているのは、あれやこれやそれといった「具体」から離れるということなので。

 

しかし、ここ最近のエントリーを読んで、「無」の何たるかの大体の感覚は掴めていると思います。

「何でもない」を知る
前回のエントリーはお読みいただけましたでしょうか。 そういうことです、つまり。 「何でもない」のです、実際。 何かものすごく深刻なことや、ものすごく心に響くあれやこれやが、みなさんの人生にもあることでしょう...

 

無は無です。

それでもこれでもあれでもないものです。

 

そもそも何もないじゃないですか?

そもそも全ては、どこからともなく現れ、そしてどこへともなく消えていくじゃないですか。

もともとは「無」だったじゃないですか。

そんな、そもそもの「何でもない」を思い出すだけです。

 

どこにも寄り付かないということです。

どの立場も取らないということです。

 

どこにも寄り付かなかったら、そこは無です。

どこでもないので。

そんな「どこでもない」にいる、ということです。

 

どこでもないにいるとき、すべては何でもないです。

軸を取らなければ対比ができませんので。

対比ができないと、把握はできません。

つまり、全ての意味は消えます。

「それ」は「あれ」でも「これ」でもなく、本来の「それ」に戻るということです。

 

そこにいるとき、見えるのは「何か」ではありません。

いや、「何か」を見ていますが、その奥に「何でもない」を見ています。

奥にある「何でもない」を見ているとき、前景にある「何か」は、本来の「何か」のままです。

そのままの「何か」です。

 

そんなふうに、「何か」ではなく「何でもない」を、ただ見続けているだけです。

 

どこかに依拠するのではなく、どこにも依拠しない。

どこかに寄り付くのではなく、どこにも寄り付かない。

 

「そしたらどうなるんですか?」って思うかもしれませんが、なんにもありませんよ、もちろん。(笑)

なぜならここでやろうとしているのは、「何でもない」にいるということなので。

何でもなくなったら、すなわち成功です。(笑)

 

苦しんでいたこと、こだわっていたこと、悩んでいたこと。

それらが「何でもない」ということですね。

 

もちろん表層の見え方は以前と同じかもしれませんが、その奥に「何でもない」を見ています。

それらの本質が「何でもない」と知っているわけです。

だから安心です。

何が来てもその奥に「何でもない」を見ていれば、安心です。

そして、表層の楽しさや嬉しさは、そのまんま享受すればいいのです。

 

 

私たちはヘンな風に取り過ぎていました、物事を。

それらは「何でもない」だったじゃないですか、そもそも。

当たり前に何でもないものに、脚色を施し過ぎていました。

 

それらを元の「何でもない」に戻すだけです。

ただそれだけです。

つまり、もともと何でもなかったのです。

独り相撲だったのです。(笑)

 

独り相撲はそろそろ飽きました。

そんな時代が来ているように感じます。

 

過去の脚色は、ボロボロと剥がれ落ちています。

新しい時代は、自由になるでしょう。

しがらみが剥がれ落ち、固定観念が剥がれ落ち、不自由は解消されます。

 

無というベースから改めて、自由な飛翔が始まるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました