自由の意味

最大の価値は何かというと、「自由」ということが、ひとつ挙げられると思います。

自由。

自由とはすなわち、あれでもない、これでもない、どれでもない。

あるいは、あれでもいいし、これでもいいし、どれでもいい。

「何かに固定されない」ということです。

あらゆる可能性を保持している。

また、どの可能性も否定しない。

そのような「状態」である、ということですね。

全てを保持しているという、とんでもなく豊かな状態である、とも言えます。

 

自由である時、豊かさを感じます。

何も持っていないとしても。

感覚としては、全てを保持している感覚です。

実際に何を持っている、持っていないは関係ありません。

満たされた感覚でもあります。

それは「何か」に依存しません。

だから、誰であろうと、どんなシチュエーションであろうと、それは可能です。

誰であろうと、どんなシチュエーションであろうと、満たされた「感覚」を得ることは、可能です。

本来は「自由」なのですから。

 

全ては自由から発しますが、発した何かに固着してしまうと、自由が奪われます。

何かに専心することによって、自由を放棄してしまうのです。

誰も自由を奪うことはできません、自ら放棄する以外には。

何かに固執、固着、専心することによって、自ら自由を放棄しますが、その逆を行って、固執、固着、専心を解くことによって再び自由を得ることもできます。

双方向です。

自由を放棄してもいいですし、自由を回復してもいい。

それすらご自由に、ということです。

つまり、根本的に自由でしかあり得ないということです。

自由でないという選択を、自由な選択によって行っているということです。結局のところ。

 

自由な感覚。

それこそが、私たちが本当に欲しいものです。

お金が欲しい、洋服が欲しい、金メダルが欲しいなどと私たちは言ったりしますが、本当に欲しいのは、それらに縛られない自由です。

あらゆる可能性を保持しているから、真の最適解が浮かんできます。

これでなくちゃいけないという縛りがないから、斜め上からの解を受け入れることができます。

自由こそが、アートの源泉であり、生きるエネルギーであり、宇宙の運行そのものです。

のびやかに、思った通りに動き、しゃべり、感じ、謳歌することは、ハッピーであり、理に適うことであり、存在の意味そのものです。

 

自由は、もともとそうなので、いつでも回復することが可能です。

固着を解きほぐし、自由な状態を回復することは、生きる意味に直結するとても大事なことだと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました