「気分がよい」ということの重要性

「気分がよい」ということは極めて重要です。

それはあらゆる事項に優先されるべき、最優先事項といって差し支えありません。

しかし、そう思っている人は少ないのではないでしょうか。

 

気分よりも、お金を優先したり、仕事や人間関係がうまくいくことを優先したり。

「いや、自分の気分なんて、むしろ一番後回しでしょう」

日本人だと、そこまで思っている人も、少なくないかもしれません。

 

しかしながら、人生のクオリティを上げたいと思ったならば、自分の気分を上げなければなりません。

なぜなら「人生のクオリティ=気分のクオリティ」だからです。

そこを勘違いして、「人生のクオリティ=お金の量」と思ったり、「人生のクオリティ=他人からどう思われているかの質」と思っていると、うまくいかないことになります。

「人生のクオリティ=気分のクオリティ」です。

そこを今一度認識する必要があります。

 

逆に、あなたは人生のクオリティは何だと思っていますか?

人生のクオリティは何だと思っているかが、その人の人生を決します。

あなたは人生のクオリティとは何だと思っていますか?

そこを今一度確認してみてください。

 

最終的に、「どれだけ気分がいいか」ということに行き着きませんか?

たとえお金だとか他人からの評価だとしても、それって最終的に気分が良くなるための手段でしょう?

どんな目的を設定したとしても、それって全部気分良くなるための手段に過ぎない、ということに気がつきます。

だから最終的に「人生のクオリティ=気分のクオリティ」となるのです。

だから自分の気分こそが、お金や評価よりも優先されるべき最優先事項だというのです。

 

ただ単に「自分の気分を上げる」ということを考える。

それだけで人生のクオリティは向上します。

「その発想を持つ」ということが大事です。

今までは「自分の気分を抑えて周りを優先する」だったかもしれません。

しかしながら今からは「自分の気分を最優先する」です。

 

これはワガママとどう違うのか。

普通に疑問に思いますね。

そして多くの人が引っかかるポイントでもあります。

「気分を上げたい、それはその通りだ。でも自分を優先することよって他人を傷つけるのは何か違う」

そんなジレンマを抱えている人もいるかもしれません。

ですから、気分を上げることとワガママの違いを、ここでハッキリさせておきましょう。

 

ワガママというのは、他人との関係性においてのみ成立するものです。

他人がいないとワガママはできません。

それは別の言葉で言い換えるなら、「他人よりも自分を優先する」ということです。

それは他人がいないと成立しないことです。

世界に自分が一人しかいなかったら、ワガママはできません。

その時やっているのは「好きにやっている」とか「自由」であって、ワガママにはなり得ません。

ワガママには必ず他人が必要なのです。

 

ですから、気分を上げるためにやるべきは、他人を必要としないことです。

それはつまり、世界に自分一人しかいなかったらどうするか、ということです。

その時やっているのは「好きにやっている」とか「自由」であって、ワガママにはなり得ません。

この違いがわかりますか?

 

他人との闘いではなく、自分との闘いなのです。

「他人がどうなのか?」ではなく、「自分がどうなのか?」です。

他人は関係ありません。

自分の本心は何なのか、自分とは本来何なのか、自分にとって気分がいいとはどういうことか。

それは自分との対話です。

他人は関係ありません。

自己対話の重要性
「どうしたらいいのだろう」という質問と、「どうしたいのだろう」という質問は、似ているようで全然違います。 どのくらい違うのかというと、180°違います。 「どうしたらいいのだろう」は、外に答えを求める質問で、「どうしたいのだろう...

 

きっと目を外に向けているから、他人を傷つけたらどうしようとか心配してしまうのでしょう。

あなたが自分に集中している時に他人が傷ついたとしたら、それはあなたのせいではありません。

それはその人の問題であり、あなたの問題ではありません。

自分に集中している限り、恐れなどないのです。

そこにはあなたを傷つける何者もいません。だってあなたしかいないのだから。

そこで生きてくださいということです。

他人に依存するのではなく、自分に集中してください。

他人が何と言っているのか、他人がどうしたいのかを気にするのではなく、自分が何と言っているのか、自分がどうしたいのかを気にしてください。できる範囲で。

その範囲が広がれば広がるほど、あなたの世界は広がるでしょう。

 

自分を知れば知るほど、世界をコントロールできます。

なぜなら世界=自分だからです。

自分を知れば知るほど、世界が手元にしっかりとおさまっている感覚が増すでしょう。

他人の言葉に従うのではなく、自分の言葉に従ってください。

本当に世界は変わりますから。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました