核心は何か?

人生をうまくいかせるために、お金が欲しいと思ったり、愛が欲しいと思ったり、成功が欲しいと思ったりするわけですが、そもそも何でそういうものが欲しいのかという深堀りはあまりされません。

しかしながら本当に大事なのは、その奥にある核心のほうで、そこを外しているといくらお金を稼いでも満たされないということになり得ます。

つまり、本当にうまくいかせるために注力すべきは「核心」であって、中心から外れたお金や名声にいくら注力してもうまくいかないのです。

 

それでは核心とは一体なんでしょうか。

 

何のためにお金が欲しいのか、何のために愛が欲しいのかと、「何のために」とどんどん深掘りしていくと、最終的には安心感を得たい、満足感を得たい、という「ある種の気分を得たい」という結論に至ります。

その気分とはまとめると「いい気分」です。

つまり、人生でうまくいくことの核心は何かというと、「いい気分でいること」となります。

「何のためにいい気分でいたいのか?」を問うと、「ただ単にそうしたいから」となり、それ以上の理由が出てこないので、そこが最終地点であるということがわかります。

つまり、「いい気分」に注力することが、人生をうまくいかせるために最も的を得た行動となるわけです。

 

では、いい気分を得るための具体的な行動とは何でしょうか。

例えば、混雑する電車を避けてタクシーで移動するとか、ガリガリ君じゃなくてハーゲンダッツにするとか、そういうことになりますね。

これらの行動を分析してみると、非常に興味深い結果が得られます。

すなわち、今までお金がもったいないということで、タクシーではなく電車、ハーゲンダッツではなくガリガリ君を選択していたのが、逆転する、ということです。

お金を貯めることを目的としていた時とは真逆の行動になるのです。

 

核心を外すのは、恐ろしいことです。

本来の目的とは真逆のことをしてしまうのですから。

核心を把握することの重要性は、いくら強調してもしすぎることはありません。

逆に、核心を把握しないで事を進めると、とんでもないことになります。

文字通りその行動は、「的外れ」となります。

いい人生を送るためにと、色々なことを我慢してお金を貯めてきたことは、実は本来の目的からすると全く的外れな行動だったのです。

 

そしてここにまたトラップが仕掛けられているので、注意が必要です。

「じゃあお金を使えばいいんでしょ」とガンガン使うのはいいですが、その時の気分はどうですか?

「ああまた減る」「もったいない」と、悪い気分を押し殺しながら使っていたら、それはどうでしょう?

気分は悪くお金も減るという、いいことが何もない最悪のパターンです。(笑)

 

核心は何でしたか?

「いい気分」ですね。

いい気分とお金は関係ありません。

お金を使う時もあれば、使わない時もあるでしょう。

核心を外さないとは、そういうことです。

お金ではなく、気分にフォーカスしているのです。

お金の動きに着目するのが、お金にフォーカスするということで、気分の動きに着目するのが、気分にフォーカスするということです。

気分の動きに着目していたら、必要に応じてお金を使ったり使わなかったりするでしょう。

お金の動きに着目していたら、お金の動向だけを気にして、気分は無視するでしょう。

 

もう一度言いますが、核心は「気分」です。

その時お金が必要であれば使うし、必要なければ使わない。

その時みんなにおごってあげるのは、見栄のためでも貸しを作るためでもなく、ただ単に気分がいいからです。

またこの時新作バッグを買わないのは、ここまでの額を出すのは逆に気分が悪いからです。

常に「気分」が基準です。

 

常にそこを意識していると、どんどん感覚が研ぎ澄まされていきます。

どんどんいい気分を外さないことに習熟していきます。

するとどうでしょう?

いい気分=いい人生、でしたから、それはすなわち、人生をマスターした、ということになります。

 

核心を外さないとは、このように重要なことです。

事を起こす前にまず、「核心は何なのか」を把握しましょう。

 

コメント

  1. はな より:

    いい気分について、改めて書いてほしいと感じてたので、嬉しい記事の投稿です。

    ついつい現実をみては気分悪くなり、現実を変えようと躍起になってしまいます。(現実が変われば気分よくなると思っているのが原因かも)この時の気分は悪い気分ですが、現実ばかりみています。なかなか気分に気づくのはまだまだできてません。

    今回の『今までお金がもったいないということで、タクシーではなく電車、ハーゲンダッツではなくガリガリ君を選択していたのが、逆転する』

    ついつい、安くおさえようと、良い気分にならないものを選んでたので、常に本当に嬉しい気分になるのはどれ?という基準で日々を選択していきたいです。頭で生きてるロボットみたいになってたので、ハート基準に変えるのは今はちょっと努力が必要ですね

    • こーへ より:

      はいそうだと思います。ある意味努力が必要だと思います。無意識だったものを「意識する」という努力ですね。
      自分は何を求めているのか、結局どうなりたいのかを、みんなそれほど深掘りしてないんだと思います。核心に到達するほど深掘りしてないんだと思います。
      なんとなく「いいことないかなぁ」とか「もっとこうだったいいのに」とか、周辺をウロウロするばかりで。
      「結局核心は何なんだ」と、核心を突くほどまでは切羽詰まってないのかもしれません。
      何となく生きてても、何となく生きれてしまう世の中ですから、あえて核心を突くほどの原動力は起こりにくいのかもしれません。

      そしてまた核心を得たとしても、今までと180°逆の生き方なので、今までの惰性を断ち切って方向転換するのにもまた、努力が必要です。
      長年の蓄積がありますから、ついいつもと同じ選択をしてしまいます。

      理屈ではわかるんですよ、核心を掴みそれをブレずに保持するのがベスト、そりゃそうだと。
      でも気づくと簡単に忘れてるんですね。(笑)
      だからある意味、忘れない努力です。
      努力をするならこの努力ですね。

      とはいえ、自分の人生なのですから最も尊重すべきは自分自身、というのは自明の理なのに、仕事が〜とか恋人が〜と、自分以外に重きを置いてしまうのは、逆に考えすぎなのかもしれません。(笑)

タイトルとURLをコピーしました