何もしなくていい時にしたくなること

「何もしなくていい」と仮定してみましょう。

何もしなくていい時、あなたは何をしますか。

仕事もしなくていい、ごはんも作らなくていい、誰の世話もしなくていい。

何もしなくていい。

 

何もしなくていい時に、本当に何もしないのは、逆に困難です。

きっと何かをしたくなるはずです。

その時にしたいことが、あなたが本当にしたいことですね。

 

お金を稼がなきゃいけないから、自分が面倒をみなければいけないから、体重を減らさなきゃいけないから。

そういった条件付けが一切なく、何もしなくていいのに、やりたくなってしまうこと。

それこそが純粋な、やりたいことですね。

それでお金が稼げるわけではもちろんありませんし、何かの役に立つこともありません。

 

本当にムダすぎて、普段だったらゼッタイに頭の端にものぼらないようなこと。

だけど、これこそが本当に最も大切に取り扱うべき、真の宝です。

 

「純粋な衝動」

これの美しさを、改めて確認してください。

純粋な衝動です。

あなたの中に、こんな美しさが潜んでいたのです。

 

それは本当に、真剣に向き合うべき、あなたにとっての宝です。

あなたが今、人生に何か空しさを感じているとしたらそれは、このあなた本来とも言うべき純粋さが発揮されていないからです。

 

この宝が普段埋もれているのは、あまりにも「やらなければいけないこと」が多すぎるからです。

お金を稼がなきゃいけない、家事もしなくちゃいけない、将来のことも考えなくちゃいけない。

「やらなければいけないこと」だけで一日の大半が終わってしまいます。

 

風穴を開けましょう、まずは、そこに。

まずは時間を見つけて、「何もしなくていいんだ」と言い聞かせてください。シミュレーションです。

今、この時間だけでも、何もしなくていい状態にひたってください。

何もしなくていい、何もない。

予定も、都合も、用事も。

あなたを煩わせる人は誰もいない。

こなすべきタスクもない。

なんにも、ない。

なんにも、しなくていい。

 

それは人間本来の状態です。生まれたままの、まっさらな状態です。

しばらくそこにひたりましょう。

無限の自由をかみしめましょう。

 

どこに行ってもいいんです。何をしてもいいんです。

どこへでも行けるし、何でもできる。

そのときあなたは、どこへ行きますか、何をしますか。

何の制限もありません。

無限の自由に浸りながら、どんな衝動が湧き起こるでしょうか。

 

その宝をつかまえてください。

これでどれだけ稼げるか、とか、何の役に立つか、とか、頭で判断しないでください。

ただその純粋さ、美しさに気づいてください。

ゆっくりじっくりそれに向き合うことから、始めましょう。

 

コメント

  1. 久しぶり✌待望の‼やった✌やったよ

タイトルとURLをコピーしました