飛翔の時

さて、どうでしょう。

そろそろ飽きてきた頃ではないでしょうか。

人生について思い悩むことに。

何かやらなくちゃと焦ることに。

生き方や生きる意味について考えることに。

 

思い悩もうが何しようが、勝手に世界は展開します。

どっちでもいいし、何でもいい。

ある一つの進み方をしたなら、それはそれだし、そうでない進み方をしたなたら、それもまたそれです。

ただそれが、そのようにあるだけです。

そのことにそろそろ、気づいてきた頃ではないでしょうか。

 

「どうでなきゃいけない」

「どうであるべき」

「どれが本当に正しい道か」

そういうことを捨てると、「何でもいい」になります。

 

「なんでもいい」の素晴らしさ。

ただただ素晴らしいですよね。

思い悩んでも、悩まなくても、一緒です。

成果を出しても、出さなくても、一緒です。

何だろうが、どうだろうが、全部一緒です。

 

それが見える位置に、全体が移動してきています。

全体の流れが、そのようになってきています。

 

宇宙の流れは一つ所に留まっていることはできません。

常に動いています、流れています。

いま、全体の流れは、そのように動いてきています。

「フラット化」の流れです。

何でもいい
「何でもいい」ということです。 嬉しくても、楽しくても、悔しくても、悲しくても、何でもいいということです。 人は嬉しいこと、楽しいことなど、ある特定のものを求めます。 そして、悲しいことやつまらないことなど、ある特...

 

宇宙は均衡しようとします。

濃い部分と薄い部分があれば、均等化し、最終的には均一になります。

コーヒーにミルクを入れると、ブラウンになります。

決してくっきりブラックとホワイトに分かれたりしません。

均される方向に動くのが、物理の法則です。

不均衡は均衡するのが、宇宙の流れです。

 

「何かがいい」「何かでなきゃいけない」という突出した思い込みは徐々に均衡し、「何でもいい化」しつつあります。

どうでしょう、「何かでなきゃいけない!」「何かでありたい!」を支えていたエネルギーは、徐々に弱まっていませんか?

昔に比べて、「いや~もうなんでもええわ」という気分になっていませんか?

だいぶ力みがほどけていませんか?

 

「仏」とは「ほどける」という意味でもありますが、世界が徐々に涅槃に向かって進行中です。

これはまあ、ただ単に、そういう流れです。

良い悪い、好き嫌い関係なく、ただ単にそういう流れです。

 

そろそろ飽きてきましたね。

こだわることに、何かでなきゃいけない、何かであるべきと「目指すこと」に。

宇宙の流れが、みなさんの中にも徐々に浸透しています。

フラット化していきます、世界は。

均一化、均衡化。

「差」は徐々に埋められ、フラット化します。

良いも悪いもなくなります。

 

どっちでもいい、なんでもいい。

そのとき、真の自由が生まれます。

どっちでもいい、なんでもいいときに選ぶもの。

それが真の選択です。

どっちでもいい、なんでもいいときにやることが、本当の自分自身です。

 

その時代は、もうそこに来ています。

もう片足突っ込んでいます。

きっとみなさんも、その感覚を捉えているはず。

 

世界は勝手にいい方向に進みます。

我々が心配しようがしまいが、宇宙は勝手にいい方向に進みます。

なぜなら宇宙は「全」であり、すなわち「善」だからです。

天国への招待状
天国へ行きたいと思いますか? 天国は死んでから行く場所ではありません。 それは今すぐ、その場で行く場所です。 それは物理的な場所ではありません。 何丁目何番地という場所ではありません。 物理的な空間では...
完璧ということを知る
いま、そのタイミングでその人が通りかかった。 いま、そのタイミングで信号が変わった。 いま吹いているその風の温度、その速度。 いま現在のその体温、その気持ち。 全ては完璧であり、完璧ならざるものはありません。...

 

我々は、心配しなくてもいいのです。

もちろん、してもいいのです。

思い悩んでも悩まなくてもいいのです。

 

芽は勝手に出て、そして花は勝手に咲きます。

宇宙は勝手に己の進行を、坦々と進行します。

宇宙の善なる進行は、我々の懊悩とは無関係です。

ただ勝手に坦々と、善なる進行をします。

我々はあがこうがあがくまいが、勝手に善なる進行に流されていきます。

 

もういい加減、思い悩んでも心配しても無駄だということに気づき始めています。

もう何でもいいんだということに、気づき始めています。

 

何でもいいときに私たちは何をするか。

そろそろ私たちは、その準備を始めてもいいのです。

そろそろ自由に向けて、飛翔を始めてもいい時なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました