今、そこでできること。

今、この瞬間、何をしていますか?

今、この瞬間です。

 

今、この瞬間は、結構な確率で見過ごされています。

過去のことを考えたり、未来のことを考えたり、策を練ったり、うわの空だったり。

 

今、この瞬間に100%向かう時、そこに不足はありません。

そこには100%があります。

ご飯を食べるなら100%食べる時、仕事をするなら100%仕事をする時、音楽を聴くなら100%音楽を聴く時。

100%の時、そこに不足はありません。

100%の時、そこにあるのは充足だけです。

 

人は「何をやっているか」にこだわって、100%の充足を逃してしまいます。

やっていることがとてもつまらないこと、取るに足らないこと、どうでもいいこと。

そんな認識によって、いとも易々と、100%を逃します。

 

何をやっているのかは重要ではありません。

100%であるかどうかが重要です。

 

「何」は何でもいいのです。

前回も言いましたが。「流す」ことが重要です。

見た目じゃなくて、エネルギーです。

 

今、何%のエネルギーが流れているか。

そこだけが重要です。

YouTubeを見るなら、だらだら流し見するんじゃなくて、100%で見ること。

ネットサーフィンをするなら、だらだら見るんじゃなくて、100%で見ること。

 

100%である時、そこに余計なものが入り込む余地はありません。

100%の時、漏れや削がれなく、全てのエネルギーが流れます。

単純に言って、それこそが生きる意味です。

 

何か偉大なことを成し遂げること、大きな成功を手に入れること。

それが生きる意味ではありません。

 

それは単なる結果です。

最大限、100%でありきったら、勝手についてきた結果です。

それの「ために」生きるのではありません。

大事なのは結果ではありません。

結果があなたに幸せをもたらすのではありません。

 

結果によって満足を得るのは「エゴ」です。

結果によって、自分がこれだけすごいんだぞと言いたがっているのは、エゴです。

結果が欲しいと言っているのは、エゴの声です。

 

だって世界に自分一人しかいないとしても、それでも結果が欲しいですか?

見せびらかす相手がいないとしても、それでも結果が欲しいですか?

 

世界に自分一人しかいないとしても、それでもやること。

それが本心です。

他人の目がなかったとしても、それでもやること。

それこそが本当の願いです。

 

それは何ですか?

世界に自分一人しかいない時、あなたは何をします?

 

「何」は何でもいいとして、とにかく100%自分の満足のためだけに動くでしょう?

だって誰のことも気にしなくていいんだから。

結果なんてどうだっていいでしょう?

だって誰が気にするのよ、結果なんて。

 

「今」100%満足か。

ただそれだけでしょう?

ということはつまり、それが真実ということでしょう?

まわりの目とかそういうものを取っ払った時に浮かび上がってくるもの。

それが真実でしょう?

 

100%。

我々が真にやりたいのは、それです。

「何」ではなく、100%。

 

100億稼ぐとか、ビルを建てるとか。

それは誰にでもできることではないかもしれません。

しかし「100%」なら、誰にでもできます。

いつでも、どこでも、できます。

 

「何」にくらまされなければ、物事は簡単です。

 

100%の満足感。

これだけです。

 

何でもいいのです、くだらないことでもなんでも。

通勤中に音楽を聴くことでもいいし、ランチを食べている時間でもいいし、散歩中でもいいし。

何でもいい。

何をするかにこだわるのではなく、「100%」にこだわった時、生は充実で満たされます。

なにしろ100%なんで。

そのときの生は100%です。

これ以上はありません。単純です。

 

これは「見た目」を気にしていては、なかなか出来ないこと。

見た目を捨てれば、楽になれます。

 

100%の人生は、今そのまんまで可能です。

コメント

  1. lotus より:

    この記事、とても響きました。書かれている様々な記事を読ませていただきましたが、少し和らいだとはいえ、まだ答えを見つけることや現実を変えることに意識が向いていました。そんな日々にやっている様々がおろそかでした。

    「何をやっているか」にこだわっていましたし、100%の充足を逃してました。

    今この瞬間を100でやってみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました