自分の発信している電波をコントロールする

物事に正解・不正解はありません。

あるのはヴァイブレーションだけです。

いい気分、悪い気分。

それらは言ってみれば波です、波動です。

 

正解であってもイヤな気分、不正解であってもいい気分。

そういうことは、もちろんあります。

見るべきは正解、不正解ではなく、波動です。

 

正解・不正解に囚われて縮こまってしまったら、元も子もありません。

物事に意味なんてないのです。

正解・不正解はないのです。

それらは恣意的な解釈に過ぎません。

それらはどうにでもなるし、何とでもなります。

 

実際にあるのはヴァイブレーションだけです。

 

だから、誰が正しい、誰が間違っているなどと糾弾するのはやめましょう。

無意味に意味づけをするなんて、無意味です。(笑)

そんなことはやめましょう。

 

正解・不正解は追及しなくていい。

何が合っている、何が間違っているなどは、どうでもいい。

ヴァイブレーションだけ知ればいい。

 

自分の波、世界の波。

 

 

さて、あなたは自分の波使い師です。

波を自由自在に操るのです。

電波発信局です。

自分がどんな電波を発信しているかに着目してください、そしてそれをコントロールしてください。

 

波は使えば使うほど、波使いに習熟します。

波を自在にコントロールできれば、楽しいです。

それは人生をコントロールすることと一緒です。

 

自在にコントロールできるということを知っているだけでも、自信と余裕が生まれます。

自分は自分の波をコントロールできるんだと。

自由に、自在に。

そして日々波使いに習熟しているのだと。

そのことを知るだけで、自信と余裕が生まれます。

 

そして、もっともっとうまくなろうと、もっともっと高いレベルで使いこなそうと、より前向きに、そのことに取り組みます。

その結果、自分のレベルはもっともっと上がっていきます。より楽しくなります。

 

波です、波動です。出してみてください、それを。

それはあなたの「存在感」とも言い換えられます。

あなたはどんな存在感で存在していますか?

そのことに着目したことはありますか?

 

今日のランチは何にしようとか、ああこの服欲しいなとか、早くあの人から返事来ないかなとか、そういうことに着目するのではなく、その時に出している自分の「波」に着目するのです。

自分がどういう波を出しているかに。

 

どおにも好かれる人や、どおにも嫌われる人ってのがいますが、それはそういう波を出しているからです。

好かれる人は好かれる波を出し、嫌われる人は嫌われる波を出しています。

相手はただその波をキャッチして反応しているだけです。

 

自分のなりたい自分になるとは、自分のなりたい電波を発信することです。

自分の存在感を波として発信するのです。

その信号を受け取った相手は、あなたをそれとみなします。

それによって世界はあなたを「それ」と認識します。

そして世界はその認識のもとに形作られていきます。

最終的にあなたが「それ」であるというフィードバックが、世界から返ってきます。

 

つまり、電波の発信によって、世界を形作り、その世界を今度はあなたが享受するのです。

たとえ無意識にマズい電波を発信したしても、それに見合ったフィードバックが返ってきます。

電波は常に発信し続けているからです。

生きるということは電波を発信するということですから。

死人は電波を出しません。

 

無頓着ではいられないでしょう? それによってあなたの世界が形作られてしまうわけですから。

だからちゃんと電波に着目し、ちゃんと波使いになりましょうよ、という話です。

 

 

自分が発信している波。

それに着目してください。

そしてそれをコントロールしてください。

それがすなわち、世界をコントロールするということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました