何もないから始めよう

事実は何もない。

ここがスタートです。

この「何もない」から、国境を引き、国を作り、法律を作り、電車を走らせ、会社を作り、給料を支払い、買い物をし、洗濯をし、ご飯を食べ、平日と休日を設ける。

「何もない」から、あれやこれやがデッチ上げられてきた。

 

もともとは「何もない」ですよね?

今あなたの中にある「あれやこれや」は、もともとの「何もない」の上に作り上げられた楼閣ですね。

 

もともとは何もないんです。

あなたは今、楼閣の中で右往左往しているかもしれませんが、もともとそんなものはなかったのです。

作り上げられた楼閣の中で迷子になっている様子が、見えますか?

 

その迷子から抜け出すにはどうすればよいか。

もともとの「何もない」に戻ればいいのです。

「何もない」を無くすことはできませんが、楼閣は無くせます。

なにしろ元々そんなものなかったので。

それが「楼閣」だと気づけばいいのです。ただそれだけです。

「もともとは何もないんだ」と思い出せばいいのです。

 

「何もない」にいるとき、自由です。

まだ何もないそこから、新たに自由に始めることができます。

「何もない」にいるとき、さあ何を始めようかと、ワクワクします。

 

すでに老朽化した楼閣をいかに攻略するか。

今まではその発想しかありませんでした。

しかし最も根本的は解決は、そのゲームをそもそもやめるということです。

そして「何もない」から新たに始めるのです。

 

毎瞬が0です。

日々新たです。

 

もちろん実際に、物理的に何かを壊したり捨てたりするのではありません。

「意識」の問題です。

 

意識は自由です。

何にも縛られていません。

意識でなら、無に戻ることは簡単です。

 

そして世界とはすなわち、あなたの意識の上に展開する事象です。

意識の変革を起こす方法
意識の変革。 全てはここから始まります。 なぜなら、あなたにとって世界とは、イコールあなたの意識だからです。 意識が変われば、世界が変わります。 逆に、 目に見える何かが変わったとしても、意識が変わって...

 

意識の中で、0になる。

毎瞬が0です。

日々新たです。

 

自由な意識にこれ以上、楼閣の中のあれやこれやを詰め込む必要はありません。

もともとは0、もともとは無、もともとは何もない。

 

「あ、確かにそうだよね」

でしょ?

 

 

「かといって現実の生活を捨てるわけにはいかない。我々が知りたいのは、そういう観念上の話ではなく、実際に現実に効く処方箋だ」

と、このような意見も出てくることでしょう、間違いなく。

 

それです!

それこそが老朽化した楼閣にいつまでもこだわり続けることです。

 

なんでそこに住み続けなければいけないのですか?

なんでそこまでこだわるのですか?

いやだいやだといいながら、なんでそこに住み続けるのでしょう。

 

それは、そこが世界の全てだと思い込んでいるからですね。

この楼閣だけが世界の全てで、イヤだろうと何だろうとこの中でやっていくしかないと。

そう思い込んでいます。

 

いや、もともとそれ無かったじゃん。

もともと何もないところからこしらえた楼閣でしょ? それ。

いつでも0に戻ればいいじゃん。

 

意識の中で。

 

「日本」っていう名前も、どっかの誰かが決めたことだし、「お金」っていうシステムも、どっかの誰かが決めたことだし、「出世」とか「結婚」とかも、どっかの誰かが決めたことでしょ?

宇宙ができた時からあったわけではないでしょ?

もともとは「何もない」でしょ。

0に戻ればいいじゃないの、いつでも。

 

0の時の気分って、わかります?

「さあ始めるぞ」という、あの気分。

真っ白なキャンバスを前に、ワクワクが止まらない。

 

その0に、いつでも戻ればいいじゃない。

意識は自由なんだから。

まっさらから始めようよ。

純真無垢。

0、0、0。毎瞬0。

 

0にいるとき、あなたは純真無垢で、けがれのない存在。

けがれる前の、まっさらな存在。

世界は全て、そこから生まれた。

 

生まれた場所へ還ろう。

生まれた場所こそが、生み出す場所。

そこから生み出そう、新たな世界を。

自由に、楽しく、制限なく。

 

世界はあなたの手の中。

自由に、気ままに、軽やかに。

ふるってちょうだい、自由の絵筆を。

毎瞬真っ白、毎瞬まっさら。

 

間違いなんて気にしない。

毎瞬真っ白なんだから。

間違いなんて、そもそもない。

毎瞬まっさらなんだから。

 

毎瞬真っ白、毎瞬まっさら。

世界はまだ、始まってすらいない。

自由に、無制限に、無軌道に。

思い描こう人生を。

 

世界はあなたの手の中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました